懺悔

渦巻く心の焦燥を何処かにアウトプットしなければ、と考えました。 そうしなければ前に進めないと。 色々悩みましたが、一時期情熱を傾けていた、もうきっと誰も読んでないこのブログを選択しました。 もし万が一これを目にする方がい …